新教組 組合Q&A
 
 新教組に寄せられた質問にお答えします。ここに記載されているもの以外のものについては、トップページ右上にある「お問い合わせフォーム」から送信していただくか、電話やメール等で直接お問い合わせ下さい。


病気休暇で歯医者に行ける?
勤務時間中に歯が痛くなったのですが、病気休暇で歯医者に行くことはできますか?
歯の痛みを治療する際には、病気休暇を取得することができます。

病気休暇にはいくつかあり、通勤や授業中のけがなどの場合は公務疾病休暇、通常の風邪や腰痛などの負傷や疾病の場合は私傷病休暇に該当します。
新教組は県教委との交渉で、歯医者に行って歯を治療するなどの行為も私傷病休暇に該当することを確認しています。

私傷病休暇は一つの疾病ごとに六か月の範囲内で、一日または一時間単位で取得することができます。
また六日以内の病気の場合、医師の診断書は必要ありません。

時間単位で私傷病休暇を取得できるのは、通院治療に必要な最低限度の時間だけです。
したがって通院治療を終えたら職場に戻ることが前提となります。
ただし、職場に戻ると勤務終了時刻を過ぎるため、そのまま帰宅した方がよい場合などは、管理職にその旨を説明し、承認を得るようにしましょう。

CGI-design